Office 2010 のサポート終了でOffice パッケージ版(カード)に熱い眼差し

MS Office 2010 のサポートが終了

おそらく企業の大半はサブスクリプションの Office365 へ移行しているかと思いますが、スタンドアロン環境や古いPCをそのまま流用しているような環境では永続ライセンス(買い切り)版の Office を利用しているシーンもあるでしょう。

今回はそんな永続ライセンス(買い切り)版の Office を利用している方に是非見ていただきたい重要な内容となっています。

2015年10月にメインストリームのサポートが終了し、延長サポートも2020年10月13日に終了しました。もちろん利用できなくなるわけではありませんが、このサポート終了により今後のセキュリティー更新プログラムの提供が停止されることになります。

マイクロソフトでも

Office 2010 のサポートは 2020 年 10 月 13 日に終了し、今後の拡張機能および拡張セキュリティ更新プログラムはありません。 すべての Office 2010 アプリは引き続き動作します。 ただし、深刻な問題を引き起こす可能性のあるセキュリティ リスクにさらされる可能性があります。

のように案内しています。

この Office 2010 が発売されたのは2010年6月です。2010年といえば 名作OS Windows 7 が発売(2009/10/22)されて1年目。XP から 7 へ移行して慣れてきたユーザーが多かった時期でもあり、Windows 7 PC の爆発的ヒットによって Office 2010 がバンドルされ出荷されていきました。皆さんご承知のとおり エクセルやワードなど Office 製品を狙ったウイルスが蔓延している昨今、セキュリティ更新プログラムの提供停止ということはたとえウイルス対策ソフトを導入していたとしても Office の命令を実行させるようなウイルスやアドウェアなどを無防備に受け入れているに等しい非常に危険な状況になります。今後サポートが終了した Office 製品で不具合やセキュリティ上の問題が発生しても、それを修正するパッチプログラムは存在しません。情報漏えいなどのセキュリティリスクが増大する可能性があります。

Office製品の単体パッケージという選択肢

マイクロソフトのアナウンスでは最新版の Office 製品へ乗り換えを推奨しており、サブスクリプションの Office 365 または永続ライセンスパッケージの Office 2019 に移行することになります。ですが、Office365 や Office 2019 は総合パッケージなので例えばエクセルしか使わない場合、不要なソフトウェア(パッケージに含まれるワード、パワーポイントなど多数のアプリケーション)の代金を支払うことになります。他に選択肢はないものか……。

実はあまり知られていませんが、そんな声に対応して必要なアプリケーション(ワードのみ、エクセルのみ、パワーポイントのみなど)だけの Office の単体パッケージが販売されています。単体パッケージと言ってもそこはクラウド全盛時代なので ライセンスの パッケージ版(POSAカード) という現代的な販売方式となっています。

パッケージ版(POSAカード)と名称だけを聞いて何のことかわからなくても、コンビニのiTunesやGoogle、Amazonなどの各種カード売り場を思い出すことができるはずです。基本的には、ギフトカードやプリペイドカードのようなものなので店頭アクティベーション(有効化)することで利用可能になるカードのことです。POSAとは「Point of Sales Activation」の略で、レジを通し支払処理(支払いと同時に管理データベースで有効化される)を行うとカード固有の、シリアル番号が有効化される技術です。

パッケージ版(POSAカード)とか面倒だし直接マイクロソフトから購入できないの?と思うかもしれませんが、マイクロソフトでのライセンス購入は新規の場合に最低3ライセンスからの購入となっています。1ライセンスしか必要なくても最低でも3ライセンス分の代金を支払うことになってしまうのです。

1ライセンスから購入できる パッケージ版(POSAカード)ですが、残念ながらコンビニでは購入できません。ですが、メールでのライセンス納品とは異なり納品物として実際にカードがお手元に届くので代理購入などでエンドユーザーへのライセンスを検討している場合でも納品が容易になっています。

パッケージ版(POSAカード)は通常の Office と何が違う?

Office 365 と Office 2019 、パッケージ版(POSAカード) の違いとは何か、各別にみていくことにします。

Office 365 (サブスクリプション)

Office 365 は、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Access などの最新のアプリケーションを契約期間に応じて利用可能なサブスクリプション(という名のレンタル)製品です。 (Publisher と Access は Windows PC でのみ利用可)。これらのアプリケーションは 端末や OS に縛られず利用可能なので Windows、Mac、iOS、Android など複数デバイスで利用できます。またOffice 365 の利用特典として 1TB の OneDrive ストレージ、月間60分までの Skype 無料通話、有人サポートなどのサービスも含まれています。Office 365 は事前に購入した期間の利用権が付与されているのでバージョンアップされた場合でも常に最新のアプリケーションを利用できる反面、契約期間終了後は一切利用出来なくなります。導入費用面では月額を謳っていますが多くの場合は年間契約になります。月額ベースで1,000円程度、年間でも10,000~12,000円程(販売経路により異なる)なので負担が軽いのも大きな特徴です。

Office 2019(永続ライセンス版)

Office 2019(バージョンにより20XXと数値は異なる場合があります) は、ワード・エクセル・パワーポイントを含め様々なアプリケーションを含んだ総合的なパッケージですが、製品利用の権利ではなく買った商品なので利用環境は限定的となります。サブシクリプション版と違いデバイスやOSを跨いだマルチプラットフォームでの利用は認められていません。この製品では Word、Excel、PowerPoint、Outlook など今まで馴染みのあるアプリケーションが利用できますが、Office 365 で提供されているようなクラウドストレージなどの付帯サービスは付属していませんし、無償でのメジャーアップグレードもはありません。購入時点では最新版ですが、数年後に最新版が登場したとしてもアップグレードは有料になります。次のバージョンへアップグレードしたい場合、その永続版を通常価格で購入する必要があるので現行バージョン末期での購入には注意が必要です。ただしサブスクリプション版と違い「製品を購入」しているので1ライセンスあたり数万円の出費が必要ですが、年数が経過しても以後の料金がかからないので長期間利用を前提とした場合のランニングコストは下がっていきます。

パッケージ版(POSAカード)

Office 2019 ではその名に「Office」とついているように複数のアプリケーションやツールが含まれた永続ライセンス版の Office ですが、パッケージ版(POSAカード)の場合はその永続ライセンス版に含まれる製品を Excel 2019、Word 2019、 Powerpoint 2019 のように単体でも購入可能になっています。これによりたとえ一般的に普及していても自社では普段から使わないようなアプリケーションを高額な料金を支払ってまで導入する必要がなくなります。もちろん数年に一度と言えども「○○が使いたい」という要望に応じることはかないませんが、せっかくなのでパッケージ版(POSAカード)のメリット・デメリットを下記に上げておきます。

導入メリット

  • 新規のライセンス購入(3ライセンス~)と異なり必要な枚数だけ購入可能
  • サブスクリプションではないため買い切りで初期費用のみで利用可能
  • 必要なアプリケーション単位でも購入可能
  • 同一ユーザーの利用する2デバイスまでインストール可能
  • 注文から納品までがスムーズ(最短翌営業日)
  • POSAカードの発売時期の最新のバージョンが適用されているので導入後に大規模アップデートが不要
  • 納品物としてカードが納品されるため、エンドユーザーへの案内がスムーズ

パッケージ版(POSAカード)導入のメリットで最大の利点は単体のアプリケーションだけを購入できることでしょう。普段から office 製品は利用しないが顧客からエクセルファイル送られてくるような場合は Excel だけ購入すればよいのです。不要なアプリケーションを導入しないのであれば費用の無駄を省くだけでなくストレージの圧迫からも開放されます。

導入デメリット

  • 旧製品へのダウングレード不可
  • macOS に非対応のアプリケーションも存在
  • 実際にカードが納品される一方、紛失のリスクがある
  • シリアル確認後の返品が一切不可

こうしてみると大きくデメリットを感じるようなものはありません。強いてあげるならmacへの対応ですが、クロスプラットフォームで考えると macOS 利用者はサブスクリプション版の Office 365 へと流れるため実質デメリットとはならないのではないでしょうか。

パッケージ版(POSAカード)のラインナップ

製品 対応OS※1 内容
Office Home & Business 2019 Windows / Mac ※2
Office Personal 2019 Windows ※2
Word 2019 Windows
Excel 2019 Windows
PowerPoint 2019 Windows
Outlook 2019 Windows
Access 2019 Windows

※ 1 Windows PC のをご利用の場合、OS は Windows 10 が必須となります。
※ 2 OneNote は、Windows PC の場合はWindows 10 の機能として、Mac の場合は Mac App Store よりダウンロードしてご利用ください。

パッケージ版(POSAカード)のアクティベーションと利用方法

パッケージ版(POSAカード)の概要はご理解いただけたかと思いますが、どうやって利用するのか。コンビニで購入できるプリペードカードに慣れている世代にとっては至って簡単です。カード裏面のシリアルコードをメーカーサイトで入力してライセンスをダウンロードしてアプリケーションをインストールするだけです。これだけでそのアプリケーションについては永続ライセンスとして利用できるようになります。
※このインストール時にインターネットに接続する必要がありますのでWi-Fi通信環境の整った場所で実行してください。

もし、同一ユーザーがデスクトップ(作業用)とノート(外出用)のように状況に応じて端末を切り替えて利用している場合は2台までインストール可能です。

手順についてはマイクロソフトのWEBサイトで確認できるので下記よりご確認ください。

マイクロソフトのライセンスはもちろん、今回ご紹介させて頂いたPOSAカードのご購入、ご質問に関するお問い合わせは下記よりお願い致します。

PAGE TOP