パソコンを買うならSSD256GB以上がおススメです【SSD128GB使用中のDISK容量トラブルについて】

※あくまで私のPC使用状況による結果ですので、個別の使用状況によりご判断お願いいたします。

パソコンの買い替えを検討中の皆様、HDDやSSDの容量でお悩みではないでしょうか?

結論から申し上げますと、
SSDは256GB以上がおススメです
以下、なぜその結論に至ったのか、お話していきたいと思います。

1.現行マシーン

2017年12月25日、現在使用中のX1 Carbonを購入しました。

型番:20HRA013JP
製品:Lenovo X1 Carbon 2018
スペックはざっと、下記のシンプルな構成です。
OS:Windows 10 Professiona
CPU:Corei5-7200U
メモリ:8GB
SSD:128GB (シリアルATA)
液量:14インチFHD
その他:SIMフリー
商品ページ


一般的にとてもいいスペック。

私は会社支給の法人向けパソコンでして、HDDからSSDに変わった時の感動は今でも忘れられません。会社にギリギリに到着してもPCの起動が早いのでパソコン上の勤怠システムで遅刻に認定されることもありません。(最近はパソコンの起動が勤怠システムと紐づいているので、気にしなくていい会社様もありますね。)アプリケーションの立ち上げも早いので、お客様先のメモも全てPCで取るようになりました。
そしてなんといっても筐体。かっこいいですよね。
これを持って以来、私はX1 Carbonラバーになりました。

気合を入れて、保守もいいものを買いました。
どのメーカーさんもアップグレードの保守を用意されていますが、私の場合レノボのプレミアサポートです。(プレミアサポート概要は図を参照)

この1年ちょっとで2度ほどサポートを利用しましたが、当日もしくは翌日にはオンサイトでの対応、また部品発送を頂き非常に助かった覚えがあります。(1度目はバッテリーの故障、2度目はACアダプタの故障だったと思います)

さらにさらに、モバイルワーカーの必需品、プライバシーフィルターと予備のACアダプタも購入しました!
オプション機器ページ

–>

装備はもう完璧です。


こんな愛着があるパソコンだからこそ、後悔しています。なぜ私は購入当時256GBSSDや512GBSSDの端末を選ばなかったのか。今128GBを使っている私のDISKの状況を見てみましょう。

2.128GB SSDの使用状況


パソコン左下のWindowsマーク>設定>システム>ストレージの順でこちらの内容を確認できます。
真っ赤です。残り1GBある、と思われた方いらっしゃるかもしれませんが、この状況になると、容量不足のアラートでアプリが開けなくなります。
パソコンに少し詳しい方は、え!?アプリってシステム領域の部分で開いてるんじゃないの?と思った方いらっしゃるかもしれません、私もそう思ってました。でも違うみたいです。このあたりは、皆様個別にお調べください。

では、このPCの中の状況がどうなのか確認してみてみましょう。





こんな感じです。(赤い線の写真を参照)
アプリとゲームで容量のほとんどを食っている状態でした。

この画面でアプリとゲームのケージを押すと、各アプリで利用している容量が見えます。(各アプリが表示された写真を参照)
その画面で詳細の各アプリ容量をチェックして、表示されているアプリごとの容量をそれぞれ足していきますが、表示の容量には到達しない。

どうしてだろうと、私はページを探すうちに見つけたソフトで何がどの程度容量を圧迫しているのか見てみました。(企業所属の社員の皆様は情報システムの指示に従い十分に注意してお使いください。)



ソフトを利用しDISKの使用状況を探っていたところ、私の場合、Appdata内Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbweに50GBほど容量を使用していることが判明…
このフォルダ内の階層をより深く調べたところ、大部分の容量を占めるフォルダを発見!
Packages\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe\AppData\User\Default\Indexed DB内に、ほとんどのデータが潜んでいました。
webでも調べてみたのですが、Windows10の標準搭載されているMicrosoft Edgeの肝の部分のようです。
【参考ページ】
Microsoftコミュニティ:Microsoft Edgeが起動しない
Microsoftコミュニティ:このフォルダ(Packages)のデータは削除してもいいのでしょうか?


3.Indexed DBのデータとは

Indexed DBってそもそも何だろう、そしてこれって消していいのか、というところで、詳細を調べてみました。
Indexed DBは、比較的大きいデータをローカルに保存し、検索などの処理に利用することを目的に開発されている機能のようです。キャッシュやcookieなどはご存知の方が多いと思いますが、この機能によりユーザー情報や閲覧情報を記憶させ、次回の閲覧スピードを上げたり、個人情報入力の手間を省いたり出来ます。Indexed DBは、認知が進んでおり、今後WebサイトやWebアプリケーション含め、開発現場で使われることが多くなるようです。
キャッシュと同じだったらじゃあ消していいのか、というご判断は、使用環境によって変わりますので、個別にご判断が必要です。(弊社でadobeなどがりがり使っているweb制作の担当に聞くと、キャッシュが正常に表示されなかったりアンドゥが使えなくなったりするとかで、ちゃんと選んでDISK内を整理しているようです。)私の場合は、念のためバックアップを外付けのHDDに取ったうえで、全データの削除を実行しました。


4.容量増えた!でも今後は256GBがいい。

Indexed DB内のデータを削除したところ、この通り!
PCの空き容量は復活しました(歓喜)
数日、容量不足で業務が滞っていたので、かなり舞い上がりましたね。HAPPY!



何でそれでも256GBがいいの、容量増えたじゃない。と思われた方。ストレージの下にSDカードの存在が見えますでしょうか。
そう。私は今回このIndexed DBの存在に気づかず数か月前に何とか外付けで対応しようと、諸々のデータをそちらに突っ込んでいました。69,8GB使用済みはシステム容量とアプリのみ。つまり、SD内のデータを戻すと結果容量がまたいっぱいになるのです。

私は、Office365のユーザーでして、ローカルでのoutlook操作(がとっても便利)、一部ファイルのOne drive同期は業務効率化のためには必須となります。現状このデータをSDに退避させているのですが、運用上面倒なので、できればローカルに戻したいのです。

というわけで、絶対に次買うならSSDは256GB以上

5.まとめ

今回の一件で、SSDの定期的なクリーニングを心に誓いました。ただ、なぜここまで容量が大きくなってしまったのか。私はパワーポイントの資料の製作のため、アイコンや画像等をダウンロードしたり、デモ動画をインストールしたりすることがあるのですが、それにしても、不明、無意識のうちにどんどんデータが増えていました。Indexed DBの容量など、ユーザーの使用感向上などを目的に、今後無意識にローカルに保存されるデータ量は増えていくことが予想されます。特に、今は法人でも商品説明の画像や、webサイトでの商品確認など、webキャッシュを使ったページやアプリ閲覧は増加する傾向にありますので、同様にキャッシュも知らず知らずのうちにどんどん増えていく可能性があります。
また、ご存知の方も多いかとしれませんが、パソコンを購入した際、ディスク容量と実際に利用できる容量は違います。機種によっては、20-30%は初期アプリに使用されてしまうのです!
例)Surfaceを例とした実行容量の詳細ページ

また、法人でよく使用するソフトだけでも約数10GB程度はインストールに使用されてしまいます。
Officeソフト (例マイクロソフト 約4GB
ウイルス対策ソフト (例トレンドマイクロ 1.5GB以上

上記を踏まえた上でも、やはり、パソコンを買うならSSD256GB以上ををお勧めします。

ちなみに、持ち運びに最適SIMフリーX1carbonは下記サービスで月額購入可能です。

また、私が使用しているX1Carbonのオプション一覧を確認したい方は、下記ページを参照ください。

オプション機器ページ

PAGE TOP